森口織人の陰陽道

[著者:おかゆまさき/イラスト:とりしも/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★

森口織人の陰陽道 (電撃文庫)

森口織人の陰陽道 (電撃文庫)

 あとがき劇場が素晴らしい。ここ読めば大体「この
物語ってどんなもん?」とかいう感触が読む前に掴め
てしまうぞ。一言で済ますなら「しょーもない!」っ
てな具合。褒め言葉……かどうかは微妙な所だ。
 大事なのは“超絶お嬢様のエッチな妄想”。それだ
けあればいいと思う。それだけ強調して押し出してお
けば充分だと思う。真面目に陰陽師関連設定出して、
妖怪退治バトルアクションとかメインで盛り込んだら
ダメだから。ぐだぐだになっちゃうから(てか1巻目
で既にかなりぐだぐだになってた気がするなぁ)。
 期待してた初雪お嬢様のエッチな妄想は、思ってた
よりソフトタッチで大人しい感触。挿絵の方が数倍エ
ロかった(ちなみに同時期に読んだコミック版の方が
数十倍エロかった)。織人は今んとこ状況に付いて行
けず流されっ放し。次は初雪お嬢様のあられもない妄
想痴態をもっと読み手の僕達に伝えるべく頑張れ!