シフトIII ―世界はクリアを待っている―

[著者:うえお久光/イラスト:STS/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

 待ちに待ってた完全新作の3巻目。もしかしたらこ
れで完結するのかな? とか考えてたけど、まだまだ
終わりそうにない感じ。で、今回の事。裕樹は現実世
界の自分の事よりも、シフト世界の自分=ラケルの事
よりも、最優先で全身全霊をかけて異常シフト状態の
空を救ったんではないかなぁと。面と向かって空に対
しては、自分の優先事項がどうのこうのと口走ってた
けど、「お前どんだけ照れ屋さんなんだよ!」とツッ
コミ入れたくなったわ。全く素直じゃないよねぇ。
 空のエピソードを経て、これまであまり見えて来な
かった過去のラケルの一端が垣間見れた事が一番の手
応えだったかな? 人間と怪物の確執や、魔王と勇者
とシフト世界の核心部分など、相変わらず曖昧で掴み
切れずにもやもや〜っとしてるんだけど、溜め込んで
る分がそろそろ一気に溢れ出てきそうな予感も。

既刊感想:II
ハードカバー版II