SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

この広い世界にふたりぼっち

[著者:葉村哲/イラスト:七草/MF文庫J]

 第4回MF文庫Jライトノベル新人賞『佳作』受賞作。

 主人公・咲希風に言うなら「私達の戦いはこれからよ」エンド。地の文で何でもかんでも説明しまくるのも、逆に語らなさ過ぎなのもどうかと思うけど(この物語の場合は後者)、どっちかと言うと教えて貰えない方が欲求不満が積もってしまってあんまり嬉しくないかも。そういう要素がもろに含まれていたんで、咲希の感情の如く酷く冷めて荒んだ世界観はすげー好みながら、それだけでは盛り上ってくれなかった。

 とにかく盛大に端折ってくれた色々な事の詳細をきちっと求めたいとこなんだけど……咲希とシロが添い遂げての“生き方”のみに特化して描かれた物語、と捉えればこういうのもありなのかなぁ。ここで終わるのも綺麗なのかなぁと。でも、知らない事への欲求はあるのでここから更に続いて欲しいのが本音。せめて一体シロは何物なのか? という事くらいは、ね。