アンゲルゼ ひびわれた世界と少年の恋

[著者:須賀しのぶ/イラスト:駒田絹/集英社 コバルト文庫]★★

アンゲルゼ―ひびわれた世界と少年の恋 (コバルト文庫)

アンゲルゼ―ひびわれた世界と少年の恋 (コバルト文庫)

 シリーズ第3巻。もーちゃん頑張った。わりあいど
ころか凄く頑張った。敷島の巧妙な策略によって、切
羽詰らされ逃げ場を失う状況に追い込まれ、ようやく
陽菜に溜め込んだ想いを吐露しても、浮んだ気持ちは
「やっぱり素直じゃねぇなぁ」と。ただ、そんな私の
顔はめちゃくちゃにやけてたと思うよ。ニヤニヤ。
 覚野が“陽菜の為に”(←ここ重要ポイント)本気
でアンゲルゼについて調べようと決起した所から始ま
り、まるでそれに反応したかのように陽菜の側からも
次々明るみに出て来るアンゲルゼの実態。覚野の気持
ちの吐露も、敷島が隠し続けている彼自身の話も、陽
菜にとっては嬉しく思う反面どんどん重みになるばか
りで辛い……。おまけにラストシーンで爆弾発言かま
しやがって敷島め! 続きがすげー気になるじゃない
か。でも、次で終わりなんだよなぁ。残念無念……。

既刊感想:孵らぬ者たちの箱庭
     最後の夏