リミテッド・ヴァンパイア2 髪喰鬼とおおうさぎ

[著者:仁木健/イラスト:中島鯛/角川書店 角川スニーカー文庫

 髪喰鬼の解放者対復活した吸血鬼の解放者。前巻よ
り一触即発な空気を漂わせながら、未だ全面衝突まで
には至らず。そのせいか、髪喰鬼である文とガネーシ
ャを始めとする吸血鬼達の間にある、“何で戦わなけ
ればならないのか?”という部分が希薄になりつつあ
るような気が……。文にとって、吸血鬼を髪喰鬼に転
化させる“変生”という処置が如何に大切な事かとい
うのはよく分かったけれど、その行為も結局の所、吸
血鬼達の情報を得る手段に過ぎなかったからなぁ。
 話の本筋(髪喰鬼対吸血鬼の部分)が一向に進んで
くれないのと、何処に向かって進もうとしてるのかイ
マイチ把握出来ない展開が主な不満の種。とりわけ吸
血鬼側は力を欲する人間に荷担してみたり、それが片
付いてようやく文と接触するのかと思ったら最後がこ
んな具合だし、何やりたいのか思考がサッパリ読めん
なぁ。とりあえずラストの奇行の意味が気になる所。

既刊感想: