マギ・ストラット・エンゲージ

[著者:松山シュウ/イラスト:かわぎしけいたろう/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★

マギ・ストラット・エンゲージ (電撃文庫)

マギ・ストラット・エンゲージ (電撃文庫)

 生まれ持った天然魔術能力VS後付で植え込まれた
人工魔術能力。物語的には前者=『大同盟』が善であ
り、後者=『王者の法』が悪のような位置付けで描か
れているけれど、どちらの組織も単純に善悪で割り切
れるような一枚岩ではない、という感触だったかな。
 まず何はともあれ魔術師同士の戦争がメインイベン
ト。1に魔術、2に魔術バトル、3、4が組織間抗争
で、5くらいにようやくキャラクター同士の交流など
が当て嵌まるような順位付け。そんな印象だったから
か、セロとルルーラ&ヴィオレータの触れ合いに関し
ては、ちと描写が物足らんなーと感じたりも。
 でもまあ、最初から暫くは読み手側も主人公のセロ
も、放り込まれた状況が理解不能で置いてけぼり喰い
まくりだったからなぁ。交流深めるどころじゃなかっ
たかもね。魔術バトルの方は充分な読み応えだったの
で、今度はキャラ同士の交流メインな展開を希望。