GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンI<下>

[著者:川上稔/イラスト:さとやす(TENKY)/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

 長い長ーいプロローグを経て、ようやくスタートラ
インに辿り着いた506頁〜511頁の見開き挿絵で
鳥肌総立ち。武蔵の総意が確定した時点でのこれの挿
入は反則的に効果抜群だよなぁ。何せ一目瞭然で“足
並み揃って一つになって、誰もが同じ目指すべき場所
を向く事が出来た”状況を把握できるんだもの。
 やっている事は大きく分けてたったふたつ。武蔵の
総意を確定させる為の戦いと、ホライゾンを武蔵に取
り戻す為の戦い。一応主役張ってるトーリの脳みそが
軽量変態仕様なもんで、彼がやろうとしてる事を理解
するのは上記の通りで単純明快。ただ、脇を固める人
達がね、行動思考が色々複雑なんだよね(だからこそ
お馬鹿なトーリを充分に支えられるんだろうけど)。
 全編余す事無く最高潮の見せ場ばかり。特に個人的
な好みで拾うなら、正純対インノケンティウス、喜美
対二代、トーリ対ホライゾンの対話に大興奮だった。
 目的が末世阻止方策探しとホライゾンの感情奪還に
定まった所で、次も内容的にも容量的にも大期待。

既刊感想:I<上>