サヴァイヴド ファイブ2

[著者:葛西伸哉/イラスト:得能正太郎ソフトバンククリエイティブ GA文庫]★★

 得体の知れない『楽園』を渇望し、たった“5枠”
の生き残りを賭けて参加者達が殺し合いを続けるサバ
イバルゲーム。ゲームの仕掛け、進行展開、多数のキ
ャラクターの書き分け、次第に追い詰められてゆく蓮
達を始めとした参加者達の心理描写など、随所に巧さ
が際立ち、盛り上がりも前巻以上に増して面白い。
 誰がどんな状況を経て生き残るのか? もしくは死
を遂げてしまうのか? そういうのを常に気にさせる
描き方で、上記のような巧さを含んだ効果も相まって
牽引力が物凄い。先が気になってしょうがない。
 仲間割れや裏切りの続出で、もういつ誰が殺されて
もおかしくない状況に。今後のポイントはやはり“最
終的に5人ぴったりで生き残らなければならない”と
いうクリア条件か。これがあるから、何がどう転んで
引っ繰り返るか最後の最後まで油断出来ない。

既刊感想: