リバース・ブラッド3

[著者:一柳凪/イラスト:ヤス/小学館 ガガガ文庫]★

リバース・ブラッド 3 (ガガガ文庫)

リバース・ブラッド 3 (ガガガ文庫)

 前巻の予告通りに夏のバカンス篇。で、案の定本筋
の物語がサッパリ進んでくれなかった。元々葛城悠久
の意志や思考が非常に抽象的かつ曖昧で把握し難く描
かれているもんだから、彼が研究対象としている『蝕
能』を有する巽や呉羽が直接絡んでくれないとね。ど
うやっても一定以上は進展し様が無いというか……今
回も今後への繋ぎっぽい内容だったのでちと残念。
 そんな中で収穫があったとすれば、巽が異能者同士
の戦いに翻弄される事無く、落ち着いた気持ちで自分
の失われた過去の記憶と向き合えた事。この辺は心に
余裕の無い状況だとじっくり身構えて臨めないから、
巽にとっては適度な休暇が良い方向に作用したのかな
ぁと(辛い記憶だったけど、自力で思い出して受け入
れられたので結果的には好転だったように思う)。

既刊感想: