ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート

[著者:森田季節/イラスト:文倉十メディアファクトリー MF文庫J]★★

 第4回MF文庫Jライトノベル新人賞『優秀賞』受
賞作。不可思議で奇妙で、どちらかと言えば良い意味
で掴み所が曖昧なお話(あえて知りたい事を曖昧にぼ
かして明確に掴ませないような描き方、かな?)。
 “音楽を奏でる”という行為に重要な意味合いが幾
つも含まれている物語。けれども、「じゃあ何が重要
でどんな意味合いが込められているの?」と問われる
と、ハッキリした答が出せず返事に困ってしまう。
 心に深く染み込む良き物語を奏でてくれているのだ
けど、何処か掴み所を有耶無耶にされてしまうような
……不思議な魅力を感じさせてくれる物語だなぁ。
 最後、再会までは描かれなかったけど、神野の想い
が込められた歌詞を信じるなら、きっと明海と再び巡
り逢い、実祈と再結成を果たせている事だろうなと。