パーフェクト・ブラッド4 道化の魔女と、刻の誘い

[著者:赤井紅介/イラスト:椋本夏夜集英社 スーパーダッシュ文庫]★

 今回、本編の事より先に触れておきたいなーと思っ
たのは、真面目な本編語りに興味深い点が幾つか潜ん
でいたあとがきの部分。物語の方向性や行く末みたい
なもんがぎゅっと凝縮されていたような気がする。
 例えば今現在戦線離脱してる人達もいずれ復帰する
ような事、“三人の主人公”の事(藻掻いてる人も何
も気付いてない人も思い当たる節が多くて、誰を指し
てるのか特定出来なかったよ)、“裏の主人公”の事
(これは多田さん、かなぁ? 或いは名前しか出てい
ない結社の“盟主”か……)、などなど。先を気にさ
せる突き方が絶妙で思わず喰い付いてしまった。
 本編の方は、多田さん色んな意味で大躍進! ロリ
コン石丸さんイメージアップ! ってな具合でおっさ
ん達の渋い活躍が光ってた(まあ多田さんには色々裏
事情がありそうだけどねぇ)。今後は原書争奪戦の激
化に伴い、結社と直接対決って流れになるのかな?

既刊感想: