マリア様がみてる 卒業前小景

[著者:今野緒雪/イラスト:ひびき玲音集英社 コバルト文庫]★★

マリア様がみてる―卒業前小景 (コバルト文庫)

マリア様がみてる―卒業前小景 (コバルト文庫)

 シリーズ第32巻。卒業式前日の様々な風景。バトン
タッチするかの如く、次々と視点が入れ代わって行く
展開。一人当たりが描かれるシーンの分量はいつもよ
り少な目だと思うんだけど、ページ数も控えめな割に
密度的には非常に濃い内容で凄く良かった。
 卒業式前日の一日に絞ってのエピソード。印象深い
所を一言で挙げるなら、「粋な先輩ばかりだねぇ」と
いう感じ。祥子も、令も、三奈子も、桂のお姉様も、
美礼先輩も、蔦子の写真部の先輩方も、皆素敵過ぎな
上に格好良過ぎるわ〜。祐巳を始め妹達が誇る“お姉
様”をこれでもかってくらい魅せつけられたなぁと。
 時間の流れ方は普段とあまり変わらない感触だった
けど、最後の最後で一気に決壊してしまったなぁ(身
構えててもこのシーンを持って来られちゃ泣いてしま
うよやっぱり)。次は遂に卒業式かぁ。祐巳がどんな
風に祥子とお別れするとしても、こっちは色々な過去
を思い返してまた泣いちゃいそうだよなぁ……。

既刊感想:『マリア様がみてる』感想一覧