電撃コラボレーション 最後の鐘が鳴るとき

[著者:壁井ユカコ渡瀬草一郎三上延佐藤ケイ柴村仁有沢まみず鎌池和馬成田良悟/イラスト:片瀬優文倉十アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

 電撃文庫創刊15周年記念の『お祭り』企画。“キ
ーワード”“シチュエーション”と続き、今回は……
“キャラクターリンク”かな? 各著者達の遊び心が
最も乗っかってたのはその辺だったように思う。
 “予測不能かつ奇妙奇天烈な集合体”というのが前
2作の印象で、今回はそれとは趣が違っていて意外性
という部分ではやや薄味な感触だったんだけど、その
分計算された完成度が際立っていたかなぁと。
 “お祭り企画”としては無軌道にとっ散らかってた
方がらしいとは思うんだけど、今回のはリレーでバト
ンを繋ぐ様な連携連結の一体感が随所に見られて、こ
れはこれでまた一味違う読み応えがあって良かった。
 好みで挙げると幼馴染みな渡瀬さんのと、エロい先
輩が魅力的だった鎌池さんのかな? でもやっぱり成
田さんは変わらずオイシイポジションだと思った。

既刊感想:まい・いまじね〜しょん
     MW号の悲劇