イスカリオテ

[著者:三田誠/イラスト:岸和田ロビンアスキー・メディアワークス 電撃文庫]★

イスカリオテ (電撃文庫)

イスカリオテ (電撃文庫)

 この物語に対する最初の印象は“手探りで様子見
ながらの触れ合い”だったかなぁ? とにかく初っ
端から多量の謎が容赦なく投下されたもんだから、
「面白い!」が前面に出る前に戸惑う事の方が多く
てねぇ。ただ、そのお陰で幾つもの謎と理不尽さに
苛立ち呻き声を上げる、イザヤの心境に同調出来る
部分が多かったかも。そういう意味ではイザヤに対
する感情移入度って結構高かったのかなぁと。
 謎多い、疑問多い、見たい知りたい尋ねたいが多
い、ので読了した途端に逸早く続きが読みたくなっ
た(そういう先へと興味を引く描き方は凄く巧いよ
ね)。今は特に玻璃と『獣』の根元に興味あり。