烙印の紋章II 陰謀の都を竜は駆ける

[著者:杉原智則/イラスト:3/アスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

 皇子の身分と、剣闘士の技能と、奴隷の立場とを
巧みに演じ分けて陰謀に塗れた帝都を駆け抜けるオ
ルバ。今回は特に“どの姿で”“誰の為に”“何を
すべきか”を、より深く慎重に考えつつ葛藤を繰り
返しているオルバの様子が強く印象に残った。
 もう単純なオーバリーへの復讐心のみで迂闊に動
く事は出来なくなり、様々な事態を想定しながら進
まなければならんだろうなぁ(オルバの周囲を見渡
すだけでも動向が気になる人達の多い事多い事)。
 次は帝都を出ての遠征らしく。同行するビリーナ
とは、陰謀に対する為動きっ放しの誤魔化し続きだ
った今回よりは触れ合う機会が訪れるだろうか?

既刊感想: