ダブルブリッド Drop Blood

[著者:中村恵里加/イラスト:たけひとアスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★★

 過去のエピソード達で一旦記憶を巻き戻しておい
て、最終巻から止まっていた現在の時間に螺子を巻
いて再び動かし始める……という心憎いまでの構成
と演出に対し、もしかしたらあの最終巻のエピロー
グ以上に感極まってしまったかも知れない。
 過去に片倉優樹が存在していた事と、現在では失
われてしまった事を照らし合わせると、より一層喪
失感というやつが浮き彫りになってしまう。
 でも、そこに優樹から未来を託された者達が混ざ
り合う事で“片倉優樹という存在の証”が明確に刻
み込まれたんじゃないかなと。全然蛇足なんかじゃ
なかったよ。最後に太一朗の様々な想いを抱いての
再出発に立ち会えて、本当に凄く嬉しかった。

既刊感想:VIIVIIIIX