プリンセス・ビター・マイ・スウィート

[著者:森田季節/イラスト:文倉十メディアファクトリー MF文庫J]★★

 前作とは設定繋がり。続きではなく新しいストー
リー展開で、キャラクター達もほぼ一新。明海と実
祈、カナ&リア(千香露もだっけ?)は前作からの
ゲスト出演。タマシイビトとイケニエビトの関係と
性質を学習済みだったお陰か、今回はそこに躓く事
なく割とすんなり物語に馴染み入り込めたかな。
 読み手側からは、完全無欠なハッピーエンドとは
言い切れない結末に見えたんだけど、チャチャにと
ってはもしかしたら最上のハッピーエンドだったの
かなぁ……とか。一度失われた痛みは心の何処かに
残ってるのだろうけど、チャチャのあんな満面の笑
顔を真正面から見せられたんじゃ「幸せな結末だっ
たに違いない!」と思わずにはいられないよな。

既刊感想:ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート