SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

クラウン・フリント2 奇跡の歌を君に

[著者:三上康明/イラスト:純珪一/ガガガ文庫]★★

 今回は謎掛けも推理も謎解きも、晶の強固な思いと共に前巻より格段に巧く描かれていたなぁという印象だった。終盤の大胆不敵な仕掛けもお見事。

 晶の“自分自身の為の戦い”ってのは、実は前巻で過去の呪縛から解き放たれた時点で一応ケリが付いてるんだよね。だから、その先の立ち位置はどんなもんになるんだろう? と気にしつつ読んでみたんだけど……いやー予想外と言ったら晶に悪いけどなかなか格好良かったぞ。弱さを自覚して、それでも尚強者と対峙しようと決意を示す姿とか特にね。

 “カレンの為に戦う”という意思を固め、一層絆を深め合い、ある意味ようやくスタートラインに立った二人の物語の行方が益々楽しみになって来た。

既刊感想: