緋色のルシフェラーゼII

[著者:伊藤イツキ/イラスト:KeG/富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★

緋色のルシフェラーゼ〈2〉 (富士見ファンタジア文庫)

緋色のルシフェラーゼ〈2〉 (富士見ファンタジア文庫)

 この愛欲の魔王(の転生体=来栖いずも)は相変
わらず妄想大爆発だな。で、その後羞恥心に押し潰
されて自爆して“もきもききゅー”ってなってごろ
ごろ転がってまた妄想に耽って……いずもを蹴っ飛
ばしたくてむずむずしてしまうのは何故だろう?
 いや、今回の場合は終盤の重要な局面で、いずも
がなかなか決断下せなかったのを目の当たりにした
からだと思うんだけど……なんかね、どんな事にな
っても「ただ紺太の為に!」って覚悟を決められな
い辺りにイライラさせられたんだよねぇ(まあ確か
にどっちも取り難い選択だったか)。もっとも、繭
子やガブリエルに言わせれば“甘さ”となる要素が、
良くも悪くもいずもらしい所なんだろうけど。

既刊感想: