EME RED END W−JACK

[著者:瀧川武司/イラスト:尾崎弘宜/富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★

EME RED END―W‐JACK (富士見ファンタジア文庫)

EME RED END―W‐JACK (富士見ファンタジア文庫)

 RED編最終巻。とは言うものの、やってる事は
これまでと一緒なもんで、全く「終わった」って気
がしないぞ。まあこのシリーズの特性として“やろ
うと思えばいつまででも続けられる”ってのがある
から、終わった「気がする」「気がしない」に関係
なく、一旦区切りをつけたって事なのかもなぁ。
 でも、この最終巻には物申したい! だって……
なんで茜が一行たりとも登場してないんだよ! お
かしい! ぜってーおかしい! 登場自体が希少な
乱や良子のメイン回が入ってたのは嬉しいとこだけ
どさー、それにしても茜と蒼のこの不遇な扱いは納
得いかねぇぜ。望み薄だけど、せめてBLACK編
かBLUE編の続きが出てくれないかなぁ……。

既刊感想:BLACK
     BLUE
     RED