黄昏色の詠使いV 全ての歌を夢見る子供たち

[著者:細音啓/イラスト:竹岡美穂富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 今回はただただ「なるほど! そういう事だった
のか〜!」って気分。もうそれに尽きる。ずっと足
りてなかったパズルのピースが一気に埋まるような
手応えで、いやー何か色々とスッキリしたわー。
 ここまでの一連の謎は、ミシュダルの行動原理が
暴かれた事によって殆どが解かれたんじゃないかな
と。逆に言うと、ミシュダルの根底にあるものが何
か一向に掴めなかったせいで翻弄されまくってしま
った……という事かな? ともあれ、ネイトとクル
ーエルの絆が深まると同時に無事日常が戻って良か
った。でも、シャオがネイトに告げた言葉の意味や
『名詠式』の本質やクルーエルの中のアマリリスの
事など、未だ明確でない要素も結構残されている。

既刊感想:IIIIIIIV