おあいにくさま二ノ宮くん6

[著者:鈴木大輔/イラスト:高苗京鈴富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 なんか、短編集初期の頃は全然出番の無かった麗
華が普通に登場するようになったな。その一方でい
つまで経っても報われないのは峻護への想いなんだ
けど、短編集の方はコメディ色が強いので麗華が悶
々とした鬱屈感を引き摺る事もなく、むしろ峻護へ
の好意が良いアクセントになってるじゃないか、と。
結局何を主張したいかって言うと「真由と麗華が一
緒になって峻護に絡んでる短編エピソードは面白い
な〜」って事。いやホントどれも良かったよ。
 こういう麗華を眺めた後に、書き下ろしの様子を
見ると、どうしても「麗華ってめんどくせぇなぁ」
って思っちゃうんだよな。まあそういう面倒臭い所
も麗華の可愛らしい要素ではあるんだけど。

既刊感想:
ご愁傷さま
おあいにくさま