鋼殻のレギオス8 ミキシング・ノート

[著者:雨木シュウスケ/イラスト:深遊富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 主に女性メインキャラ補強の短編集。療養中のレ
イフォン、再会したリーリンにせがまれツェルニに
着いてからの過去(の女性遍歴)を語るの巻。
 ……という流れなんだけど……こりゃどう考えて
も本妻(リーリン)が、単身赴任中だった亭主(レ
イフォン)の元へ押し掛け、愛人1号〜3号(フェ
リ、ニーナ、メイシェン)について問い詰めてる、
って構図じゃねぇか。わざわざこの3人のエピソー
ドをチョイスしてリーリンに掛けている辺り、狙っ
てやってるとしか思えない。まあ本編で今後直接絡
んだ時どうなるのか色々と楽しみだな。うひひ。
 天剣授受者エピソードは、ただただ「アルシェイ
ラつええーー!」としか。もう反則的なまでに。

既刊感想:『鋼殻のレギオス』感想一覧