スプライトシュピーゲルIV テンペスト

[著者:冲方丁/イラスト:はいむらきよたか富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★★

 かけがえのない平穏な日々と、そんな平穏な日々
に二度と手が届かなくなるような錯覚を引き起こす
事になる最低の陰謀、そして最低の陰謀に臨まざる
を得ない鳳、乙、雛に課せられる最悪の戦い。
 この娘達は本当にね、いつもいつも見えざる敵に
翻弄されて、必死で戦って、傷だらけになって、何
とか退けて痛みを拭っても、必ず別の新たしい痛み
を迎え入れてしまう。何かが解決した時に得られる
笑顔より、苦痛や哀しみの表情が印象に残ってしま
う結末ってのは、どうにも遣る瀬無いよなぁ……。
 今回もまた失ったものの大きさに打ちひしがれる
のかも知れないけれど、賢人達から託された“意志”
が挫折を乗り越える力となってくれる事を願う。

既刊感想:
オイレン
スプライトIIIIII