SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

火の国、風の国物語3 星火燎原

[著者:師走トオル/イラスト:光崎瑠衣/富士見ファンタジア文庫]★★

 アレスとジェレイドの初めての邂逅から、解放軍の反旗の発端であるエピソード『ジェレイド編』へと繋がる内容。本当はジェレイドが恋人クレアを失ったダルム国境城砦防衛戦の事や、ここから解放軍を指揮してボルネリア公爵を討ち取るまでの道程も詳しく知りたかったんだけどね。まだ出逢ったばかりなミーアとはどう接して来たのか? 敵方でも有能なモンフォード執政官とはどんな風に戦ってきたのか? とか。いずれ何処かで描いて欲しいな。

 でも、隠し事の多いジェレイドの胸の内を知る事が出来ただけでも充分満足。「つくづく残念」ってジェレイドの気持ちが良く分かったよ。このまま分かり合えずに敵対関係が続くのか。それとも……。

既刊感想: