幻想譚グリモアリスI されど魔刃の名のままに

[著者:海冬レイジ/イラスト:松竜富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 富士見ミステリー文庫で刊行されていた『夜想グリモアリス』の続編。仕切り直しの再始動で、前
から読んでいた身としては、初めましての読み手を
意識しての配慮の跡があちこちで窺えたなぁという
感じだったかな。それでもアコニットの立場なんか
は、把握するまでちと躓いたり梃子摺ったりしてし
まうかなぁ? とも思ったけど(冥府や麗王六花に
ついては特に説明らしい説明も無かったから)。
 新展開で大きく変化が見られたのは、誓護にいの
りを護りアコニットを救う為の明確な力が与えられ
た事か。より危機的状況に陥る可能性が高まった訳
だけど、まずは何故アコニットが叛逆者として追わ
れているのか? その辺りの事情が気になるな。

既刊感想:夜想譚グリモアリスIIIII