スレイヤーズ4 聖王都動乱

[著者:神坂一/イラスト:あらいずみるい富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 実はリナやガウリイにとって、セイルーンのお家
騒動自体はあまり重要事項じゃなかったりする。そ
れに乗じて、アメリアやフェリオネル王子と関わっ
て人脈を繋ぐ事こそが重要だったのかも。そうやっ
て助力を得て行かないと、そろそろリナとガウリイ
だけで襲撃の激しさが増し続ける魔族と互角にやり
合うには、ちょっと厳しくなりつつあるかなと。
 これまでリナの気分任せな感じだった旅に、指標
や方向性が含まれ始めたのがこの辺りから。まだ何
となくだけど、1巻目でいきなりやっちまった大事
がこういう形で再浮上して来るとはなぁ。アトラス
シティでもサイラーグでも、リナが行く先にやたら
と魔族が絡んでたのはそれが原因だったのか?

既刊感想: