ご愁傷さま二ノ宮くん9

[著者:鈴木大輔/イラスト:高苗京鈴富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★

ご愁傷さま二ノ宮くん9 (富士見ファンタジア文庫)

ご愁傷さま二ノ宮くん9 (富士見ファンタジア文庫)

 長編の本質は、もうずっと“ラブコメの皮を被っ
た別の何か”なんて風に捉えてたんだけど、最早そ
の皮すら完全に脱ぎ捨ててしまったなぁと。元より
峻護と真由と麗華の過去に失われた繋がりが存在し
てるというのは、ずっと示唆され続けていた事なん
だけど、その辺りの雰囲気からはどうもラブコメに
傾きそうもないな、って感じだったんだよねぇ。
 そういう仕込みは幾度も為されて来たので、シリ
アスに進んでも違和感は無いんだけど。ただ、峻護
の記憶が戻っても、未だに過去の触れ合いと現在動
いている事とサキュバスとの要素が一本の線に繋が
ってくれない。ヒルダや十氏族の思惑も曖昧だしな
ぁ……次でうまく纏まってくれるだろうか?

既刊感想:
ご愁傷さま
おあいにくさま