SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

L2 詐欺師フラットランドのおそらくは華麗なる伝説

[著者:坂照鉄平/イラスト:水城葵/富士見ファンタジア文庫]★★

 不運にもバーンの身体と同化してしまった、《罪人竜の息吹》を摘出する効果的な手段は未だ見付からず。でも、《罪人竜の息吹》の力を巡っての不穏な動きが徐々に表面化しつつあり、少しずつだけどこの物語の方向性やバーンとアーティアの道標もハッキリして来たかなぁ、と言う確かな手応え。

 それに加えて、見ていて実にもどかしいバーンとアーティアの初々し過ぎる触れ合いもじっくり描かれていて、ニヤニヤ度合も確実に上昇傾向。なんかさー、どっちも同じような心配や不安に駆られちゃってさー、そういう脆さを相手に「見せてやりてぇ」とか思ったよ。まあ結局は根っこの部分で二人の深い結び付きを見せ付けられた感じだったよな〜。

既刊感想: