黄昏色の詠使いVII 新約の扉、汝ミクヴァの洗礼よ

[著者:細音啓/イラスト:竹岡美穂富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★

 第二楽章開幕。新しい所に切り込みを入れた途端、
またとっ散らかった欠片を拾い集めつつ真相への手
掛かりを整理して行かなきゃならんのかー、という
若干の複雑さと面倒臭さが漂う新展開の手応え。
 とは言え、こういう“痒い所に手が届きそうでな
かなか届かない”じれったさみたいなもんは前章で
も幾度もあったからなぁ。まあとりあえず、分から
ない箇所は分からないままにしとけばいいやって思
っておけば間違いない? 謎の大元であるシャオの
目的とか、シャオと共に在るアルヴィル、テシエラ、
ファウマが彼と同じ道を歩む理由とかね。『名詠式』
の本質に深く入り込もうとしているのは確かな所な
んだけど、今はまだ様子見段階といった感じかな。

既刊感想:IIIIIIIVVI