スレイヤーズせれくと2 家政婦は見たかもしんない

[著者:神坂一/イラスト:あらいずみるい富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 『スレイヤーズすぺしゃる』よりぬき版。短編集
のリナって、各種騒動に自分から方から積極的に首
突っ込んでるイメージがあったんだけど、案外向こ
うからやって来る厄介事を受けるパターンが多かっ
たんだねぇ(積極的に介入すんのは“盗賊いぢめ”
の時だけか……?)。あとはリナが大飯喰らい(良
く言えば食通とか)なせいか“とあるメシ屋”から
始まる事が多かったり、結構魔道士協会からの直接
依頼が多かったり、気になる再発見はそんな所。
 今回は『暗殺者更生』『家政婦は見た』『迷探偵
助手』『おやぢ吟遊詩人』の4篇。色々と貞操の危
機な家政婦潜入と、珍しくリナが羞恥心全開な“ど
ピンク称号の服”辺りが特に印象的だったかな。

既刊感想:『スレイヤーズ』感想一覧