レギオス顕現 レジェンド・オブ・レギオスIII

[著者:雨木シュウスケ富士見書房 Style−F]★★

レギオス顕現  レジェンド・オブ・レギオスIII (Style‐F)

レギオス顕現 レジェンド・オブ・レギオスIII (Style‐F)

 『鋼殻のレギオス』前世譚完結編。辿り終えてみ
て、分かって解決した事と分からないままで残った
事が半々くらい、だったかなぁ? 分かったのは現
在の世界と自立型移動都市が成り立った“原点”み
たいな部分で、この辺りはかなり明確に把握出来た
ので良かったと思う。アイレインが、サヤが、エル
ミが、ニルフィリアが、イグナシスが、現在の世界
の“何処で影響を及ぼし在り続けているか”という
点は、なかなか興味深く面白い所だよなぁと。
 逆に分からなかったのは、現在起こっている事に
対して一体過去の何が関わってるの? ってとこか。
あとディックの存在&役割ね。なんか彼は著者の人
的にも相当扱いが面倒臭いキャラっぽいよ……。

既刊感想:『鋼殻のレギオス』感想一覧