スレイヤーズ11 クリムゾンの妄執

[著者:神坂一/イラスト:あらいずみるい富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★

 今回のリナは「魔道士協会の依頼に首を突っ込ん
でみちゃった……てへっ」と言った具合か。多分ガ
ウリイはいつもの如くとばっちり。合成獣(キメラ)
の研究に執着し過ぎて人間やめちゃった魔道士やら
と戦って戦って戦って戦いまくる展開。とにかく連
戦に次ぐ連戦、リナは対“人魔”戦で終始派手に魔
法をぶっ放してばかりな印象だったかもなぁ。
 敵さんは魔道士崩れで魔道に長けた強化人間っぽ
い奴らばっかりなんで、リナも易々と退ける事は出
来ず。そんな中での緊張感のある拮抗した魔法戦っ
てのは、なかなか見応えありで面白かったなと。何
となく停滞気味だった話の大筋も、覇王将軍シェー
ラの影が見えた事でようやく動き出しそうな気配。

既刊感想:『スレイヤーズ』感想一覧