影執事マルクの手違い

[著者:手島史詞/イラスト:COMTA/富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

影執事マルクの手違い (富士見ファンタジア文庫)

影執事マルクの手違い (富士見ファンタジア文庫)

 手違いと言うより……単なるドジっこなんじゃな
いだろうか? そんな気がしてならないマルクの迂
闊行為の数々。もう見るからに不運を呼び込み苦労
を背負い込み、あからさまに不幸オーラを垂れ流し
てるようなタイプの主人公キャラだよな(考え込み
過ぎて余計深みに嵌ってしまうと言う感じか)。
 さて、何となく不憫で報われないイメージがくっ
付いてしまった執事&契約者のマルク君。果たして
エルミナとの出逢いを切っ掛けに、彼の中で何かが
変わってゆくのかどうか。希望としては異能力バト
ルよりも屋敷内での日常風景描写を重視して欲しい
かな。その中でエルミナが抱えている“契約者を超
越する秘密”を徐々に明かしてくれたらなと。