BLACK BLOOD BROTHERS(s)6 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ短編集―

[著者:あざの耕平/イラスト:草河遊也富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 短編集最終巻。ドラゴンマガジンに掲載された方
は短編連作形式で、いつもタガが外れてはっちゃけ
気味な短編集よりはかなりシリアス寄り。逆にしっ
とりとシリアスかつ重厚に語られる事が多い書き下
ろし『クロニクル』は、かつてない暴走&迷走ぶり
で、事が解決する終盤まで大爆笑必至な内容(ジロ
ーやカーサには笑い事じゃないんだろうけど)。
 短編集を読んでいると、本編では既に過ぎ去った
特区での日々を遡っている為か、無性にその頃の本
編を振り返りたくなる。今回はそういう気持ちを抱
かせるような仕掛けが多彩で、特にミミコのジロー
への告白とかはねぇ、このエリーゼとのエピソード
を抱えてホントもう一度読み返したくなったよ。

既刊感想:
    (s)