SIDE ONE

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

真伝勇伝・革命編 堕ちた黒い勇者の伝説3

[著者:鏡貴也/イラスト:とよた瑣織/富士見ファンタジア文庫]★★

 本編初期の頃、ライナが捕らわれていた時には描かれる事の無かったシオンの革命直前の動向が遂に明らかに。こうして真相がハッキリすると、シオンって本当にシリーズの最初の内から自身の心を黒く染める程に覚悟を決めてたのかぁ……と溜息が漏れてしまう。これまで分からなかったのは、シオンが巧妙に表に出さないように隠し通していたからで、短編エピソードの時みたくローランドでライナ&フェリスとバカ騒ぎやってた間も心の裏では苦しみ続けてたと思うとさ、ちょっと切なくなるよな。

 そういやシオン側の主要キャラは結構彼の“黒い部分”を把握してたっぽいよね。さて、これからシオンはどういう形で彼等を従え束ねてゆくのか。

既刊感想:『伝説の勇者の伝説シリーズ』感想一覧