おあいにくさま二ノ宮くん7

[著者:鈴木大輔/イラスト:高苗京鈴富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

 短編シリーズ最終巻。真由が2度もぱんつはいて
ないとか割と酷い目に合っているのをはぁはぁしな
がら眺めつつ、最後は主要キャラ脇キャラ入り乱れ
た騒動劇の末の大団円に満足……と言った具合。
 長編の重苦しく殺伐とした“ラブコメを被った何
か”に対して、こっちは最後の最後まで真っ直ぐな
ラブコメを貫いてくれたなぁと。長編は長編でラブ
コメを変化球で捻じ曲げたような挑戦意欲が面白い
と感じられたりもしたんだけど、どっちが好きかと
言えばやっぱり総じて短編集の方だったかな? 
 まあその辺は単純に好みの問題なのかも知れない
けれど、あまり余計な過去のしがらみを背負わず、
楽しく賑やかに騒動起こす峻護、真由、麗華の姿を
常に眺めていられる所が好きだったんだよね。

既刊感想:
ご愁傷さま10
おあいにくさま