影執事マルクの迎撃

[著者:手島史詞/イラスト:COMTA/富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★★

影執事マルクの迎撃 (富士見ファンタジア文庫)

影執事マルクの迎撃 (富士見ファンタジア文庫)

 シリーズ第2巻。エルミナと距離が近接していて
も懐まで踏み込まない限りは「ちょっと扱い辛い」
だとか「接し難くて避けたくなる」とか映るんだけ
ど、非常に表面化し難い彼女の“本心”に触れた途
端にその魅力にぐいぐい惹き込まれてしまう。
 おそらく劇中では前者が圧倒的多数だろうけど、
その枠に収まらない少数派が本当の意味でエルミナ
の支えとなる。それがマルクでありアイシャであり
ドミニクであり……戦いを通じてそんな絆の強さが
紡がれ築かれてゆく所が凄く良かったなぁと。
 今回は新たな二人の使用人ゲット! と同時にエ
ルミナの心の内に隠された事情と<アルス・マグナ
>についての謎も益々深まってしまったなぁ。

既刊感想:影執事マルクの手違い