いつか天魔の黒ウサギ2 《月》が昇る昼休み

[著者:鏡貴也/イラスト:榎宮祐富士見書房 富士見ファンタジア文庫]★

 前巻の伏線に加えて更に幾つもの伏線が上乗せさ
れて、その殆どが回収されない内にまた次巻以降へ
持ち越されてしまった、という手応え。終盤で大兎
がヒメアに「ちゃんと今の状況を教えてくれ」って
言った時の気持ちは、そのまま読み手であるこちら
側の気持ちでもあるんだよねぇ(だって、ヒメアが
自分だけで抱え込もうとするから、言ってる事とか
やろうとしてる事が全然分かんないんだもん)。
 少なくとも、《赤い月》《天魔》《異次元空間》
《最古の魔女》……この辺りの詳細がもうちょっと
見えて来ないと、盛り上ろうにも乗り出せないよな
ぁ。これに加えて日向の行方と動向、ヒメアの内に
秘められれた“何か”の事ももっと知りたい所。

既刊感想: