ほうかご百物語4

[著者:峰守ひろかず/イラスト:京極しんアスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

 真一が納得のゆく形でイタチさんの絵をスケッチ
ブックに描く事が出来た時、彼女は現世から姿を消
してしまう……なんてシリアス寄りな設定があった
の今の今まですっかり忘れてたわ。こんな風に忘れ
た頃に思い起こさせる強調は、そう遠くない未来で
“それ”が起こり得る可能性を示唆してるって事な
のかなぁ……とか思ったりしたんだけど、今の所あ
んまりそんな素振りもないみたいだね。真一がイタ
チさんを描きたくてうずうずしてるのはいつもの事
だし。まだ別れの予兆はなさそうでホッとした。
 今回は真一とイタチさんのいちゃつきに何度ニヤ
ニヤさせられた事か。しかも二人の仲を凄く応援し
たくなるいちゃいちゃがまた良いんだよなぁ。

既刊感想: