リビングデッド・ファスナー・ロック

[著者:瑞智士記/イラスト:安倍吉俊小学館 ガガガ文庫]★★

 “姥皮”を“着ぐるみ”と脳内変換して読むと、
何となくメルヘンチックな気分に浸れるような浸れ
ないような? しかし物語を追っている間ずっーと
気になって仕方なかっただけど、姥皮の作製過程っ
ていうのは一体どんな感じなんだろう? まあ完成
品の状態を見る限りあんまし覗き見したいとは思わ
ないけど……グチャドロスプラッターな擬音が溢れ
そうだから、描写的にNGなのかも知れない。
 披露出来る設定は殆ど明かしつつ、一冊できちっ
と物語を纏める手堅い巧さがあって面白かった。次
があるならば、自身についての真相に翻弄されっ放
しだった乙と葉桜と、戦いに明け暮れる甲との日常
部分のコミュニケーションをもっと見てみたいな。