SIDE ONE ~ラノベの感想を日々書き連ねる~

ラノベの感想を日々書き連ねるブログ

七歳美郁と虚構の王II

[著者:陸凡鳥/イラスト:甘塩コメコ/ガガガ文庫]★

 とにかく把握するまでが難儀、という印象が強かった“プログラムシステム”要素に関しては、前巻で散々頭に叩き込まれたからか、特殊能力を駆使した久遠と美郁の戦いは大分把握し易かったかな。すんなり状況理解出来たので前より楽しめたかも。

 ただ、今回は本当に戦いだけだったね。この物語の醍醐味である所のバトルシーンは充分に堪能出来たんだけど、ストーリーの進展が遅くて先を知りたい欲求が色々と溜まり気味。一番のネックは、やっぱり白雪の目指している所が未だ全くの謎に包まれているって事だなぁ。今回仕掛けたのもどんな意図があっての事かイマイチ掴めなかったし。彼女が口にした《核代神的崩壊》という計画が今後の鍵か。

既刊感想: