とある飛空士への恋歌

[著者:犬村小六/イラスト:森沢晴行小学館 ガガガ文庫]★★

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)

とある飛空士への恋歌 (ガガガ文庫)

 前作の『追憶』と世界設定は一緒だけどストーリ
ーは独立した新しいモノへ。前巻と比較してどれく
らい時代が前後した世界なのかは、ちょっと把握出
来なかったけど(国家間の関係や大瀑布の件で何ら
かの手掛かり的な描写があったかも知れない)。
 今回は丸々プロローグ。色々触れたくともあんま
り触れ所が無いってのが現状か。先の事よりも『風
の革命』当時バレステロス皇国の内政事情がどんな
だったか? って事がちょっと気になってたな。あ
とは革命の象徴たるニナ・ヴィエントが、何故カル
エルを絶望の底に叩き落したその場所に在ったのか
……カルエルが抱く憎悪と直結する事なので、ニナ
自身の存在がどう語られてゆくのか楽しみな所。