HURTLESS/HURTFUL ハートレス/ハートフル

[著者:清水マリコ/イラスト:田倉トヲル/メディアファクトリー MF文庫J]★★

Hurtless/hurtful (MF文庫 J し 2-7)

Hurtless/hurtful (MF文庫 J し 2-7)

 途中までは「何がどうなってんだ?」な玲夫の気
持ちと同調させながら、主に脱子の存在とゆずると
の関係性の謎をあてもなくふらふら〜っと追ってい
る様な感じだったかな? その辺りは気になる引っ
掛かりを追うよりも、玲夫と脱子のにやにやどきど
きな触れ合いの方に目が行ってたんだけど、ゆずる
の表面上のイメージとは違う一面が暴かれた時に一
気に謎を追う方へ引き戻されてた。この物語の中で、
特にこの“転調”シーンが一番印象的だった。
 ゆずるの罪に関しては、玲夫の予想通り蓉との幼
い恋愛感情の縺れが原因かと思ってたら、そこから
更に一捻り。ずっと伏せられていた脱子の存在理由
の真相へ繋げてゆく描き方が実に良かったなぁ。