イスカリオテII

[著者:三田誠/イラスト:岸和田ロビンアスキー・メディアワークス 電撃文庫]★★

イスカリオテ〈2〉 (電撃文庫)

イスカリオテ〈2〉 (電撃文庫)

 ノウェムが正ヒロイン、玻璃が裏ヒロインってと
こかな? ダークサイドな玻璃のインパクトがあま
りに強烈過ぎるのと、まるで人間の様に“初めて自
分の中で芽生えた恋心みたいなものの扱いに戸惑い
まくっている”ノウェムが可愛過ぎたのとで、物語
での二人の立場が一気に確立されちゃった感じ。
 今イザヤが向き合っているのは、人間の敵である
『獣』よりも、偽りの自分自身であったり、裏の顔
を持つ玻璃であったり、断罪衣を欺いて装着した断
罪衣であったり……見渡せば傍にあるのは偽りばか
り。そんな中、正真正銘嘘偽りの無いノウェムの存
在が果たして偽り塗れなイザヤの救いとなるかどう
か? その辺りに注目しつつ続きを追ってみたい。

既刊感想: