聖戦のレギオスI 眠りなき墓標群

[著者:雨木シュウスケ/イラスト:深遊富士見書房]★

 鋼殻のレギオス本編で、その出自が現時点でも大
きな謎に包まれている、ディックことディクセリオ
・マスケインが主人公の外伝エピソード。この巻に
限って言うなら、本編で分からなかった部分の補強
は一応為されていたけれど、それ以上に面倒臭い謎
が増えてしまった、という感じだったかなぁ?
 よもやディック本人ですら己の出自を知らず、そ
れ故に翻弄され続けていたとはねぇ。ただ、分から
ない事を抱えながらのリンテンスやデルボネとの邂
逅はなかなか興味深い内容で良かった。さて、この
先ディックはニルフィリアと共に何処へ行くのか。

既刊感想:『鋼殻のレギオス』感想一覧