緋弾のアリアIII 蜂蜜色の罠

[著者:赤松中学/イラスト:こぶいちメディアファクトリー MF文庫J]★★

 恋した“つもり”を演じていた筈が、心を盗まれ
本気で恋に落ちてしまった、というわけか。キンジ
とアリアからすれば、今回の理子はかなり鬱陶しい
存在だっただろうな。キンジをおちょくりまくり、
アリアを蔑んでは衝突を繰り返し……とにかく“可
愛い”より先に“ウザい”が際立つ娘だったよ。
 でも、彼女の真意とか本心とか、そういう大事な
モノがちゃんと吐き出された後は、理子の可愛らし
い部分が際立って残ってくれたので良かったなと。
 で、最後に衝撃的事実が。ん、キンジは兄さんの
そういう所に特別な感情を抱いてるって事なの?

既刊感想:II