パーフェクト・ブラッド6 偽りの世界と虚飾の神

[著者:赤井紅介/イラスト:椋本夏夜集英社 スーパーダッシュ文庫]★★

 今回戦った“偽りの世界”が消滅する瞬間と同質
の事が、それとは比較にならない圧倒的規模で世界
全土を襲う=多田(の傍に寄り添うアーカーシャ)
から幾度も提示された世界滅亡の瞬間……ってのを
意味しているのかなぁ? 何かまた謎な要素が増え
ちまったぞ。ただ、敵さんが迂闊な事をぺらぺら喋
ってくれたお陰で、盟主の正体が大分明確になって
来たような気も。それが誰で、世界滅亡の未来にど
んな影響をもたらすのかは未だ闇の中だけど。
 あとは、どうも菫先生の死亡フラグがびんびん立
ちまくってるような……杞憂であって欲しいよ。

既刊感想: