[映]アムリタ

[著者:野崎まどアスキー・メディアワークス メディアワークス文庫]★★

 第16回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞』受賞作。
 絶頂を体験させた直後に一気に叩き落す、そんな
最原最早に対してゾクゾクが止まらなかった。単純
に彼女への恐怖という意味でもあれば、彼女の魅力
に惹かれて執着して狂わされてという複雑な意味で
もある、そんな“ゾクゾク”感。いや、最原の仕掛
けが完全に暴かれるまでは、「最原は問答無用で神
の領域だけど、それに気付いて一人謎を解き明かし
たあんたも充分凄いよ」とか二見に感嘆させられて
たのに……そう感じていた事さえ最原の掌の上だっ
たとは。最後は抗えない悔しさに歯噛みしつつ、最
原の“作品”の存在感に圧倒されてしまったなぁ。