すべての愛がゆるされる島

[著者:杉井光アスキー・メディアワークス メディアワークス文庫]★★

 構成面での仕掛けの巧さに脱帽。但し、これは一
度読了して更に再読してみてからの感想。明確なヒ
ントは割と控えめなので、大まかな違和感は察知で
きるだろうけど、細部に伏せられている本当にちょ
っとした仕掛けには一度読んだだけじゃ気付けない
のではないか、と思う。それだけ綿密に設計図を描
いてこの物語を組み立てたんじゃないかなぁと勝手
に解釈しているのだけど。とにかく、自然に再読さ
せる方向へと導くような構成が凄く良かった。
 一方で愛の形については、もうちょっと個々の深
くまでを頁増しで描いてみせて欲しかったかも。